about

指揮者三澤洋史に関する商品直営店

【プロフィール】
指揮者 三澤洋史(みさわ ひろふみ)            
国立音楽大学声楽科卒業後、指揮に転向。ベルリン芸術大学指揮科を首席で卒業。オペラ及びオラトリオ指揮者として活動を開始する。
1999年から2003年までの5年間「バイロイト音楽祭」で祝祭合唱団指導スタッフの一員として従事。2011年4月より3ヶ月間、文化庁在外研修員としてミラノ・スカラ座を研修。それらの経験を生かして、新国立劇場合唱団指揮者として同合唱団を世界的レベルにまで高めた。その業績が高く評価され、2016年11月、JASRAC音楽文化賞受賞。
バッハに深く傾倒し、東京バロック・スコラーズをホームグラウンドにして活動しているが、CDモテット集は、雑誌「レコード芸術」で準特選に選ばれた。
著書に「オペラ座のお仕事」(早川書房)がある。自作ミュージカルの台本、作曲、演出、指揮を手がけ、主な作品に「おにころ」「愛はてしなく」「ナディーヌ」がある。